2019.5.18 日本の2019年トルコ文化年ゲル」は、「オスマン帝国での宝物とチューリップ伝統展」の開幕から始まりました。

日本の2019年トルコ文化年ゲル」は、「オスマン帝国での宝物とチューリップ伝統展」の開幕から始まりました。

文化観光大臣のMehmet Nuri Ersoyが、日本のアルテス王女三笠明子と共に、日本の東京の国立美術館での開会式に参加しました。

トルコの文化年のアランダでの日本の2019年は、東京の2つの国の間で開催される活動の最初の、首都が開始されたことを発表しました。オスマン帝国のSer TreasuresとTulip Tradition Exhibitionは、国立美術館で式典とともに開かれました。

文化観光大臣のMehmet Nuri Ersoyは、日本のアルテス王女三笠明子の参加で展覧会を開きました。

Ersoy大臣は、ここで彼のスピーチでは、トルコ、そして日本の政治と芸術と「トルコ文化の年」の組み合わせを目的として2019年に日本で経済学の分野での強力な協力の文化が宣言された、と彼は言いました。エルソイ大臣、「Ertugrul災害から始まったトルコと日本の友好130周年の前夜、「2019年日本トルコ文化年」活動の枠組みの中で開催された「宝物とオスマン帝国のチューリップ伝統展」は、お互いの理解を深めることに貢献します。 “彼は言い​​ました。

トプカピ宮殿やイスタンブールの他の有名な美術館についての展覧会への訪問者は、Ersoy大臣に助言しています、

オスマン帝国から現代までのイスタンブールの庭園に欠かせない花であるチューリップは、文学や装飾品や手工芸品、特に中国の作品の両方で感情の表現に重要な役割を果たしてきました。例は展覧会で発表されています。」

エルソイ大臣、オスマン帝国宮殿での展覧会「Lale」、「Topkapi Palace」、「Sultan」、および「Turk-Japanese Relations」が発表された見出しの下に展示されました。イコ2019年の日本のトルコ文化年の範囲内で、日本の毎年の文化と芸術のイベントは私達に私達の国の間のしっかりした友情を覚えてそしてまたこの方向で私達の未来を計画する機会を与えます。彼は展覧会を訪れて観察した。

オスマン帝国の宮殿の185作品が訪問者と会いました

トプカプ宮殿から162のアーティファクト、ドルマバフチェ宮殿から9のアーティファクト、ユルドゥズ宮殿から14のアーティファクトが展示されています。

オスマン帝国のスルタンのカフタンも展示されていた展覧会では、玉座、トゥグラ、家紋、儀式用フラスコ、矢、弓、短剣、刀、鎧、カフタン、グラブダン、ラレダン、祈りの敷物、中国、花瓶、大工道具などたくさんの作品があります。

この展覧会は5月20日に東京の国立美術館で日本からの訪問者に開かれます。

Altes Princess Akikoが提供するコーヒーとバクラヴァ

レセプションでは、バクラヴァやハルヴァ、そしてバクラヴァやハルヴァなどの有名なトルコ料理がお客様に披露されました。

文化観光大臣Ersoyはまた、Altes Princess Akikoにコーヒーとバクラバを提供しました。

2019.5.18

2019年、トルコの多様な芸術や文化を紹介する「トルコ至宝展」を東京と京都で開催します。

2019.5.8

陶器の納屋 5月11 始まります トルコ料理ゲリックのテラスカフェ こちらの商品は日本では初めてです This item is the first in Japan

2019.4.15

ベリーダンサー募集 トルコ料理レストラン ゲリック

2019.4.11

トルコの食文化 – はじめに